設計・制作のポイント

抜け穴に面取りを行うことによるバリ発生の防止

before

スプロケットやプーリー、ギア(歯車)などの焼結金属の穴あけ加工において、貫通穴を作ることがあります。貫通穴を用いると、抜け側にバリが発生してしまうことが多々あります。バリが発生すると品質不良になるだけでなく、バリ取りの作業が発生してしまうためコストアップにつながってしまいます。

after

焼結金属の金型で、貫通穴の抜け側に面取りを行うことでバリの発生を防止することができます。焼結金属を成形するときの金型の貫通穴の抜け側を面取りした形状にすることで、切削工具が貫通したさいに端の面が引っ張られることがないのでバリが発生しづらくなります。

point

ソリッドへの面取り加工であれば、1工程追加工程が増えてしまいますが、焼結金属(焼結合金・粉末冶金)であれば金型の形状を変更するだけで工程の追加は発生しません。加工工程だけではなく、焼結金属の金型設計段階において下工程を考慮した金型設計を行うことによって、品質向上やコストダウンを行うことができます。

メールのお問い合わせ
COPYRIGHT©2016 miyamoto seisakujyo. ALL RIGHTS RESERVED.