設計・制作のポイント

面取り形状の変更によるバリ発生の抑制

before

焼結金属品の角部に鋭角な面取りを行うと、成型時に面取り部分にバリが発生しやすくなります。バリが発生してしまうと品質不良になってしまうだけではなく、バリ取りの作業が発生してコストアップの要因の1つにもなってしまいます。

after

焼結金属の成形時に面取り部分に平部分を設けるような金型設計を行うことによって、角部にバリが発生することを抑制することができます。この変更によりバリが発生しづらくなり、品質不良を回避できるだけでなく、バリ取りも不要になるため不要なコストアップも防止することができます。

point

焼結金属(焼結合金・粉末冶金)品は、成形の金型に一手間工夫を施すことによってその後の品質不良品の発生や不要な工程の削減を行うことができます。ソリッドや板材からの加工では、1工程増えてしまいますが、焼結金属の場合では金型設計変更を行うだけで工程追加を行わずにその対策を行うことが可能になります。

メールのお問い合わせ
COPYRIGHT©2016 miyamoto seisakujyo. ALL RIGHTS RESERVED.