設計・制作のポイント

段差設置によるタップ加工の歪み発生防止

before

スプロケットなどの異形状・複雑形をした焼結金属(焼結合金・粉末冶金)部品の2次加工・追加工を行う際に、すでに素材の段階で溝加工が行われているものがあります。この素材が強度が低い場合には、タップ加工を行うと歪みが発生してしまう場合があります。

after

素材の段階にて成形品である焼結金属の肉厚が薄くなる箇所に、段差を設けておくことでタップ加工を行っても歪みの発生を抑えることができます。左図のように、スプロケットの2次加工・追加工を行う場合には成形品の段階にて段差を設けておくことで、2次加工・追加工を行った際に歪みの発生を防ぐことが可能になります。

point

ソリッドからの削り出しとは異なり、焼結金属・焼結合金・粉末冶金、ダイカスト、鋳物の場合は、素材の段階である程度の成形を行うことができます。成形品に対してタップ加工や溝加工、穴あけ加工を行う場合がほとんどなので2次加工、追加工を考慮した成形を行うことで加工による歪み発生を予防し、安定した品質の製品ができます。

メールのお問い合わせ
COPYRIGHT©2016 miyamoto seisakujyo. ALL RIGHTS RESERVED.