基礎知識

焼結金属を加工する工作機械

スプロケットやプーリー、ハブ、カップリング、ギア(歯車)などの異形状・複雑形状をした焼結金属部品を加工する工作機械は、大きく分けて旋盤とフライス盤があります。旋盤とフライス盤を組み合わせることで、高い加工精度が求められる歯車形状をした焼結金属や、3次元の自由曲面を持つ異形状・複雑形状の加工が可能となります。また、現在では、生産性を上げるためにNC旋盤とマシニングセンターの組み合わせでの加工が主流となっています。
  •  

    < NC旋盤 >

    旋盤は被切削物を回転させ、固定された切削工具(バイト)にて切削加工を行う工作機械。中ぐり、穴あけ、ねじ切り、外丸削り、突切りなどの加工を行う。

  •  

    < マシニングセンター >

    被切削物をテーブルに固定し、工具を回転させることで切削加工を行う工作機械。平面加工、溝加工、歯車加工などを行う。

メールのお問い合わせ
COPYRIGHT©2016 miyamoto seisakujyo. ALL RIGHTS RESERVED.