基礎知識

焼結金属以外の金属成形品の特徴

スプロケット、プーリー、カップリング、ギア(歯車)などの異形状・複雑形状をした焼結金属部品などは様々な成形方法で作られます。機械加工品の対象となる金属成形品は、砂型や金型での鋳造品、ダイカストなどがあります。それぞれの特徴、特性を踏まえ、適切な成形加工を行うことで、高い精度の加工を実現できます。

鋳造方法 特徴
鋳造方法 古来より行われている鋳造法で、砂で鋳型を作り溶融金属を流し込んで鋳物を製造する方法
金型鋳造 砂型のかわりに耐久性のある金型に溶融金属を重力で流し込み鋳物を製造する方法
ダイカスト 精密な金型に溶融金属を高圧で圧入して、冷却、短時間で高精度で鋳肌の優れた鋳物を大量に生産する方法
< 焼結金属(焼結合金・粉末冶金) >
 粉末状の金属、合金、金属化合物を焼結成形する技術で、難溶性がある材料や難加工性の材料の成形ができます。また、溶解による不純物汚染がなく、複合金属材料の製造が可能であるため、ネットシェイプに成形でき、また原料歩留りがよいという特徴があります。製品の特性に合わせてニッケルやマンガン、モリブデン、セラミックスなどを添加することで、硬くしたり、耐熱性を向上させることができます。
< 鋳造 >
 金属材料を融点よりも高い温度で熱して液体にし、鋳型(砂型、金型、木型など)に流し込み、冷却して目的の形状に固める加工方法です。
< ダイカスト >
 ダイカストは、特殊鋼で精度の高い金型を作り、その金型をダイカストマシンに取り付け、これに溶融金属(アルミニウム、亜鉛、マグネシウムなど)を高圧で注入し迅速に凝固させ取り出す、高い生産性を持った鋳造方法です。ダイカスト製品は寸法精度が高く、強度に優れ、外観が美しく機械加工も少なく済むという優れた特長を持っています。
メールのお問い合わせ
COPYRIGHT©2016 miyamoto seisakujyo. ALL RIGHTS RESERVED.