基礎知識

NC旋盤とマシニングセンターの組み合わせで実現できること

NC旋盤とマシニングセンタを組み合わせることで、異形状部品や複雑形状な部品の加工を行うことができます。部品を加工するには、設計、材料選定、材料調達を行い、復讐種類の加工工程を行った後、組み立てや表面処理、検査などを行います。そこで、製品の仕様や生産個数に合わせて、NC旋盤とマシニングセンタの生産ラインを作ることで、異形状部品・複雑形状をした焼結金属部品の量産を行うことが可能となります。
また、旋盤のみ、フライス盤のみ(NC旋盤のみ、マシニングセンタのみ)では単一的な加工しか行うことができないので、複合的に組み合わせることで複雑形状の焼結金属部品加工が可能です。また、生産ライン設計も、ワークの流れ、生産数、作業者の利便性を加味した上で設計を行う必要があります。
メールのお問い合わせ
COPYRIGHT©2016 miyamoto seisakujyo. ALL RIGHTS RESERVED.